MENU

つまりどういうこと?

住宅を、評価額よりも高く売れれば「儲かった」ことになりますし、
安く売れてしまえば「損をした」ことになります。

 

「儲かった」ときには税金を払わなければなりませんが、
逆に「損をした」ときには税金が戻ってくることがあります。

 

税金が戻ってくると言っても、税務署が現金をポンと
くれるわけではなくて、他の事で支払うべき税金と
差し引きできるということです。

 

ただし、細かい条件がいろいろありますから、税務署に事前相談しましょう。

 

参考:国税庁HP(マイホームを買換えた場合に譲渡損失が生じたとき)

 

参考:国税庁HP(マイホームを買換えた場合の譲渡損失の損益通算及び繰越控除の順序)

難しくてよくわからない場合はプロに相談

難しくてよくわからない場合は、一番確実なのは一度税務署に
足を運んでみることです。
税金というのは誰にとっても難しいので、比較的丁寧に教えてもらえます。

 

ただし、見方になってくれる専門家がほしい、とうい場合には
次のようなサイトから税理士を探すのがよいです。

 

参考:日本税理士会連合会

 

また、住宅の売却査定額を知りたければ次の無料査定がよく使われます。

 

参考:住宅無料査定(イエイ不動産)

 

多くの方にとって、住宅を売却するというのは一生に一度あるかないか、だと思います。あたり前の話ですが、住宅の価格というのは、人生でかかってくるお金の中ではダントツに大きな金額です。従って、売却するときの価格がほんの数%異なるだけで、人生に与える影響が莫大なものになります。例えば、3000万円の家であれば、ほんの1%価格が変動しただけで、30万円も違ってきます。30万円あれば、ちょっとした旅行ができる金額です。ところが、実際のマンション売却の現場では、不動産会社の担当者のちょっとした工夫や、市況の変化などで、売却価格が10%以上も変わってくることがよくあるのです。従って、もし失敗して安く売ってしまった場合、「今回失敗してしまったけど、勉強になったからOK!」と思うことは、ちょっとできないのではないと思います。下手をすれば、その後の人生にも大きく関わってくる位のお金の話になります。もしあなたが、「多少安くてもしょうがない」とあきらめているとしたら、絶対にもう少しねばってみたほうがいいです。不動産には「定価」という概念もなく、物件の流通も、私達のような素人にとってはブラックボックスです。でも、高く売るためにできることがひとつだけあります。それは「辛抱強くねばること」です。とにかく妥協せずにこだわれば、不動産屋さんも根負けして、あの手この手で高く売る工夫をしてくれたりします。不動産屋さんにとって「扱いやすい楽な客」と思われないようにしましょう。プロの側からしても「気合の入った素人」というのはけっこう手強いものですよ。

更新履歴